電話業務を効率よくできるコールセンターシステムについて

メンズ

電話業務部署の構築のコツ

オペレーター

顧客からの問い合わせを受けるコールセンターの設立には、どのようにシステムを構築するかが重要なポイントになります。そのためには、想定される業務内容を精査することから始める必要があります。まず基本は顧客からの問い合わせに対応することになります。質問事項に的確に答えるためのシステムが必要です。さらに顧客情報をいかに入力し活用するかも検討する必要があります。ここでどのような形で収益を生むフローが作れるかが大きなポイントになります。顧客の状況に応じて的確なサービス提案などが行えるシステムを組むことが大事です。またコールセンターのスタッフの負担を増加させないような工夫も必要です。入力を極力減らし、必要な情報を引き出せるように構築することが大事です。

コールセンターの業務はインバウンドとアウトバウンドの二つに分かれます。受ける側と発信する側とになるわけですが、共にスタッフのスキルに左右されないようなシステムを考案することが大事です。例えばかかってきた顧客の名前を打ち込めば、どんな商品を購入しているのか、どんな趣向があるのかを瞬時に表示できるようにするわけです。そこからさらにお勧めとなる別の商品やサービスを提示し、その必要性を納得してもらえるようなアプローチの方法も構築するわけです。成績の良いスタッフの活動記録を参考に、コールセンターの育成プログラムを考案することも可能です。スタッフそれぞれのスキルに左右されずに同じサービスを提供できるようにするわけです。

効果的に宣伝する

レディー

展示会には、パネル文字の大きさを調整する点など、注意すべきところがあります。一方で、社長が自らプレゼンテーションを行って、来館者を納得させる工夫もあります。 このような情報は、展示会の開催にあたって重大事項となります。

詳細を読む

電話受付のコストカット

通話

電話代行は企業に代わって電話の受付業務を代わりにやってくれるサービスのことです。メリットとしては、電話対応の人材を置いておく必要がなく必要に応じて電話代行を利用することで電話対応に掛かるコストを削減することができます。

詳細を読む

事業を成功させるシステム

婦人

現在どこまで営業しているのか、そしてその成果はどうなのかを確認できるのが営業支援システムになります。会社に導入することで円滑な営業ができる優れた商品です。たくさんある営業支援システムですが比較サイトを使うと自社に合った物を探しやすいので人気があります。

詳細を読む